チョ・ソンイル氏の嘘を許すな!②~『心情文化の主人』をお父様が激怒されたというデタラメ~

2004年10月3日、顯進様の講演集『心情文化の主人』が発刊され、10日後の10月13日には、郭珍満氏、金榮俊氏、金慶孝氏が漢南洞にいらっしゃった真のお父様に、『心情文化の主人』を奉呈した。

この時の出来事を、チョ・ソンイル(趙誠一)氏は講義の中で次のように言及した。
「彼ら(顯進様を支持する人々)が言う神様の下の人類一家族には、真の父母がいません。真の父母を絶対的な位置に立てずに、相対化させた後、その場にこっそり自分が入るのです。そのような思想的な部分が間違っていたので、今このような問題が生じるのです。皆さん、98年度に顯進様が公的な公職を出発なさいました。私もその時、一定の期間、一緒に活動をしました。そしてその顯進様のスピーチの内容を集めて、『心情文化の主人』という本が出ました。その出版記念を準備していたなか、それでも父母様に報告しなければということで、四名が報告しに上がりました。郭珍満、金榮俊、金慶孝、私。お父様が、、お母様はいらっしゃいませんでした。序論を一度読んでみろ。終わってからどれほど怒られたのか。その時の内容はただ一つでした。「その心情文化の主人が誰なのか!心情文化の中心が誰なのか!なぜ真の父母がいないんだ!きちんと教えなさい!」と。本当は、2009年度からは外的な現象が繰り広げられたのであり、原理的な立場で、思想的な立場で根本的に間違った内容がありました。」

最初に一言で言えば、チョ・ソンイル氏のこの発言は、完全なデタラメである。その理由を今から明らかにする。FPAスタッフを通して当事者たちに確認した内容である。

第一に、彼は2004年当時、韓国CARP会長であった金慶孝氏の下で活動していたが、お父様に近い立場ではなく、郭珍満氏、金榮俊氏、金慶孝氏と共にお父様に報告に行くような立場ではなかった。その会場にいたとしても、報告に行った立場ではなく、集会参加者としていたような立場だっただろう。

第二に、お父様はその時、『心情文化の主人』に快くサインをしてくださったし、その場にいた参加者にそれを配ってくださったのである。どこが「激怒」されたというのだろうか?しかも、お父様は顯進様の講演集が出版されることをすでにご存じだったのか、すぐにサインをされたため、本を手に取られたのはほんの10数秒程度の時間で、内容に目を通されたとしても、最初の数行くらいだっただろう、というのである。

第三に、チョ・ソンイル氏が、お父様が目を通されたと言っている序文というのは、顯進様のみ言葉ではなく、郭珍満氏による紹介文である。さらにチョ・ソンイル氏はお父様が「心情文化の中心が誰なのか!なぜ真の父母がいないんだ!」と激怒されたと言っているが、そもそもそのような内容ではない。むしろ郭珍満氏の紹介文を抜粋すると「顯進様は、真の父母様の願いを実現したいという孝の心情を抱かれながら…」「顯進様は、神様と真の父母様の夢を現実のものとするため…」という内容で、彼がいうような真の父母様が除外されているかのような印象を受ける部分は一つもないのである。

第四に、2004年当時、お父様と顯進様は緊密に連携されながら、共に歩んでおられた。『心情文化の主人』を奉呈した翌日の10月14日には、「以北出監第54周年及び霊界統一解放第4周年記念式」に参加されたし、行事が終わった後には清心青少年修練所の新築工事の現場を真の父母様と共に訪問された。10月15日には漢南洞を出られ、真の父母様の専用機でご一緒にイーストガーデンに向かわれたのである。つまり「きちんと教えなさい!」も何も、お父様と顯進様は心情的にも、行動としても、常に一緒におられたということである。

チョ・ソンイル氏の嘘に対して、上に挙げた事実を端的にまとめる。
① 彼は当時、『心情文化の主人』をお父様に奉呈した責任者の一人ではなかった。
② お父様は快くサインされ、参加者に配ってくださったので、まったく「激怒」されていない。
③ お父様は序文の内容を理解されるほどの時間、その本を手に取られなかった。
④ 序文の内容は、真の父母様にしっかりと言及している。
⑤ お父様と顯進様は、対立していたのではなく、一つになり行動を共にされていた。

ほんの1~2分の話の中に、これほど多くの嘘を盛り込める人物というのも稀だろう。しかも、当事者が聞けば、すぐに明らかにされてしまう嘘である。

さて、このように嘘を並べ立てるチョ・ソンイル氏の狙いは何であろうか?それは冒頭で引用した彼の言葉の最後の部分に現れている。

彼は食口たちが希望を感じ非常に尊敬していた2004年頃の顯進様の姿に対して、実は当時から信仰的な面で顯進様が根本的な課題(真の父母様を除外して考える)を抱えていたかのように、食口たちに印象付けようとしている。当時の顯進様の姿をよく知る二世たちからすれば、あの顯進様がズレてしまうなどということは、今でも理解できないのであるが、彼はそこに「いや、当時からズレていたんだ」ということを、非常に大胆な嘘を用いて印象付けようとしている。

事実、顯進様は神様とお父様を少しも離れていない。それを2008年頃から亨進様や國進様の下で動いたチョ・ソンイル氏のような人物たちが、あたかも顯進様が神様と父母様を離れたかのように宣伝し、虚構の対立構造を作り上げていったのである。読者の中で、今まで教会の宣伝ばかり聞かされてきた方々には、にわかには信じられないことだろう。

読者は、そのようなテレビドラマのような出来事が、本当に統一運動の中枢で起こったという信じがたい事実を、チョ・ソンイル氏がどれだけの嘘をついているかを知ることで、理解していって欲しい。統一運動の混乱が表面化した2008年頃から、統一運動の中枢(世界宣教本部室長、家庭連合世界本部長)にいたのは、このような人物なのである。

次回も続けて、チョ・ソンイル氏の嘘を暴いていくことにする。

チョ・ソンイル氏の嘘を許すな①~CBSと手を組んでいるというデタラメ~

2017年9月5日~6日、および9月11日~14日、合計6日間にわたり、韓国CBSでは家庭連合に関する特集を続けて放送した。その内容は真のお母様の生活実態や統一教会の不法行為を明らかにするもので、家庭連合の社会的イメージを失墜させるものであった。

CBSによる6日間の放送の主な内容は以下の通りである。

① 日本統一教会と自民党の長年の癒着に関する内容

② 日本統一教会信徒が清平に不法に一人あたり100万円を運んでいた件

③ 献金苦で信徒が自殺する一方で、教祖夫人が宝石ショッピングという件

④ 先祖の因縁トークによる巨額献金、離教者はことごとく「嫌韓」になっている件

⑤ 「返してあげるから」と信徒にカードローンさせ、最後は自己破産させるという件

⑥ 統一省が家庭連合の南北統一運動に見せかけた韓鶴子総裁の神格化大会(2017年11月、ワールドカップ競技場)への後援を取り消した件など

これに関して、チョ・ソンイル(趙誠一)氏は講義の中で、次のように説明している。

「(顯進様を支持する人々にとって)日本の統一教会が攻撃目標の一号です。何故か分かりますか? 日本の統一教会が倒れれば、全世界の統一運動が皆倒れるということに確信があるからです。だから彼らは日本の統一教会反対派と手をつなぐことも躊躇せずにいます。そして、甚だしくは、韓国のキリスト教放送(CBS)にこの内容を提供して、韓国でキリスト教放送を通して統一教会に反対する放送をしましたが、その80%が日本統一教会を批判する内容です。そのようにして日本を打って入ってきている状況のなかにあるので、お母様が、(私は)不足ではありますが、特命をくださって、日本巡回と共に日本を守りなさいと、このように言われて今活動を展開しているのです。」

そしてチョ・ソンイル氏が準備したパワーポイントのスライドには「日本の反対派と韓国の基督教放送と連携している可能性が高い:主張が同一であり、基督教放送の内容を再度活用」とあるのである。

ここまでは、CBSの放送内容とチョ・ソンイル氏の講義内容に関する事実の確認であった。ここからは、彼が講義の中でどのような嘘をついているかを明らかにしていくことにする。

第一にCBSの報道内容と、顯進様を支持する人々の主張内容が本当に似ているだろうか?

①日本統一教会と自民党の癒着問題を批判したことはない。

②日本信徒が清平に一人100万円ずつ運搬していた事実を批判したことはない。

③信徒の自殺問題とお母様の宝石ショッピングの問題を批判したことはない。

④因縁トークによる巨額献金問題および離教者が「嫌韓」化している問題を批判したことはない。

⑤「返してあげるから」とカードローンさせ、最後は自己破産させた件を批判したことはない。

⑥統一省がお母様の大会の後援を取り消した件を批判したことはない。

これだけ見ても、CBSの報道内容と、顯進様を支持する人々の主張が似ているとは全く言えないのである。

さらに言えば、これらの報道内容は日本統一教会がこれまで行ってきた明らかな不法行為が含まれているにも関わらず、そのことを棚に上げ、「顯進様派と主張内容が似ている」とは、開き直りも甚だしい。

第二に、顯進様を支持する人々が、韓国のCBSと手を組んでいるという証拠がどこにあるというのだろうか?チョ・ソンイル氏は即刻この嘘を撤回しなければならないし、この講義を日本教会内で周知徹底したのと同じレベルで、嘘の撤回も周知徹底しなければならない。応じない場合、これに関しては法的措置を取らざるを得ないと聞いている。

チョ・ソンイル氏は、800日の間、お母様に近く侍ってきた人物である。彼はお母様に様々な報告をしてきたし、今、日本食口に対しても指導的な立場で講義をしている。彼の狙いは何であろうか?

チョ・ソンイル氏は、家庭連合に対して批判的な報道をしたCBSを、無理に顯進様と結びつけることを通して、お母様に顯進様を誤解させるようにし(「お母様を批判しているCBSのバックには顯進様がいます!」)、さらに今、日本食口が顯進様に対して誤解し、敵対心を持つように仕向けようとしている(「日本教会を批判したCBSの背後には顯進様がいます!」)のではないだろうか?

このような嘘を平気で礼拝堂で語り、多くの罪なき祝福家庭を共犯者にしようとする不義なる行いを、私たちは何もせずに座視しているつもりはない。

今後もさらに、チョ・ソンイル氏の嘘を明らかにしていくことにする。

チョ・ソンイル氏の嘘を許すな!(序)

2017年12月19日、松濤本部において、チョ・ソンイル(趙誠一)氏が100分ほどの講義を行った。内容は前半がいわゆる「分派」対策、後半が最近の家庭連合の世界的な活動状況の報告だった。この講義はインターネットで中継され、全国の教会長、婦人部長、基台長、区域長までが視聴した。

チョ・ソンイル氏は2008年頃から亨進様、國進様の下で活動し、統一教世界宣教本部室長として、天福宮および地方教会を周り、顯進様を攻撃するキャンペーンの先頭に立ってきた人物である。今回の講義の中では、彼が当時から主張し続けてきた内容を繰り返し主張しているが、その内容を見れば、あまりにも明らかな嘘が多く、デタラメであることがわかる。

彼は自ら「世界本部長として800日、お母様に近く侍った」と語っているが、彼を通して報告を受けてこられたお母様は、その偽りの報告によって今まで顯進様をどれほど悪く印象付けられたことだろうか?彼のような人間がお母様と顯進様の関係性を引き裂いてきた張本人だと言わざるを得ない。また、世界摂理に関するチョ・ソンイル氏の偽りの報告により、お母様がどれほど「利用」されてきたことだろうか?

また、当時から彼の言葉を通してどれだけ多くの食口たちが顯進様を誤解し、顯進様を追い出すことに加担、もしくは黙認してしまっただろうか。チョ・ソンイル氏も、彼の言葉を信じてきた人々も、これ以上、天に唾する行為を続けてはならない。

私たちはこれから、チョ・ソンイル氏の偽りの仮面を、一つ一つ、剥がしていくことにする。